ここから本文です

ソフトボールU23女子日本代表、福島で強化合宿入り

6/13(火) 12:00配信

福島民友新聞

 2020東京五輪を目指すソフトボールU23(23歳以下)の女子日本代表チームは12日、福島市で強化合宿を開始した。

 選手17人が参加し、16日まで同市の十六沼公園スポーツ広場を拠点に強化練習や埼玉県の実業団チームと練習試合を行う。

 18日に青森県弘前市で開幕する国際大会「第6回東アジアカップ」に向けた事前合宿。

 東日本大震災の復興支援と東京五輪ソフトボール競技の一部が同市のあづま球場で開催されることから合宿地に選ばれた。

 初日は歓迎レセプションのほかソフトボール教室が開かれ、県北地方の高校の女子ソフトボール部員に技術を伝授した。参加した選手は「二度とない経験。学んだ捕球を試合にいかしていきたい」と目を輝かせた。

 フル代表メンバーにも選ばれている内野手の奥田茉優希選手(22)は東京五輪の会場にもなる本県での代表合宿に「ここが自分にとってスタートライン。五輪の舞台をイメージしてやりたい」と意気込んだ。

福島民友新聞

最終更新:6/13(火) 12:00
福島民友新聞