ここから本文です

フェデラー ハースとミニテニス披露、メルセデスカップは2回戦から登場<男子テニス>

6/13(火) 22:16配信

tennis365.net

メルセデス・カップ

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)に出場する第1シードのR・フェデラー(スイス)と今季限りで引退を表明している39歳のT・ハース(ドイツ)は12日、シュツットガルト市内の宮殿広場で行われたイベントに参加し、ミニテニスを披露した。

【フェデラー 錦織絶賛「素早い」】

今大会、上位4シードは1回戦免除のため、フェデラーは2回戦からの登場。初戦では、ハースと世界ランク75位のPH・エルベール(フランス)の勝者と対戦する。

35歳のフェデラーは今季、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、 グランドスラム)、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)の3大会でタイトルを獲得。

その後は、芝シーズンへ向けた調整と休養のために全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)を含む全てのクレー大会をスキップしており、今大会が約3カ月ぶりの実戦となる。

今季限りで引退することを表明している世界ランク302位のハースは、ツアー15大会でタイトルを獲得しており、2002年には自己最高の世界ランク2位を記録した。今シーズンは、ここまで4勝8敗で早期敗退が続いている。

今大会の上位シード勢は、第1シードがフェデラー、第2シードがG・ディミトロフ(ブルガリア)、第3シードがT・ベルディヒ(チェコ共和国)、第4シードがL・プイユ(フランス)、第5シードがS・ジョンソン(アメリカ)、第6シードがM・ズベレフ(ドイツ)、第7シードがG・シモン(フランス)、第8シードがV・トロイキ(セルビア)。

昨年は、D・ティーム(オーストリア)がP・コールシュライバー(ドイツ)を逆転で下してタイトルを獲得した。

tennis365.net

最終更新:6/13(火) 22:16
tennis365.net