ここから本文です

ボヌッチよ、来季も力を貸しておくれ ブッフォン、移籍が噂されるDFリーダーの残留願う

6/13(火) 18:00配信

theWORLD(ザ・ワールド)

ユーヴェの悲願達成にはなくてはならないピース

多くのビッグクラブが今夏もユヴェントスDFレオナルド・ボヌッチの獲得に興味を示しているようだが、欧州屈指のDFは来季も同クラブでプレイすることとなるのか。

今季もあと一歩のところで悲願の欧州制覇を逃してしまったユヴェントスだが、近い将来に再びチャンスは巡ってくるはず。そのために、なくてはならないピースの一つがDFリーダーのボヌッチの存在であろう。指揮官を務めるマッシミリアーノ・アッレグリ監督と采配を巡って口論となり、スタンド観戦を命じられるなど確執が噂された時期もあった。だが、今季も公式戦45試合に出場し、前人未到のセリエA6連覇とコッパ・イタリア3連覇、チャンピオンズリーグ(UCL)決勝進出に貢献。圧倒的な存在感を示していた。

そして、チームの主将を務めるジャンルイジ・ブッフォンも、そんなボヌッチの残留を強く望んでいるようで、伊『sky』のインタビューに応じると「(UCLの)決勝では負けてしまったけど、我々にとって特別なシーズンになった」と今季を振り返った上で「私が思うに、ボヌッチにとってユヴェントス以上に想っているクラブはない。プレシーズンのトレーニングキャンプでも、私は彼に期待しているよ」とコメントしている。

ブッフォンが来季終了後の現役引退を示唆しているため、次期主将候補としても期待されているボヌッチ。ファンやチームメイト、クラブ関係者など、ユヴェントスの悲願達成を願う多くの人々が、彼の残留を望んでいることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/