ここから本文です

A・シルバで終わりじゃない 今夏“超積極的“なミランは未だフィオレンティーナFWにも狙い

6/13(火) 18:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

モンテッラも評価する実力者獲得へ

今夏超積極的なミランは前線にポルトFWアンドレ・シルバを獲得したことを発表したが、これでFWの補強が終わったわけではない。ミランは未だにフィオレンティーナFWニコラ・カリニッチの獲得も目指している。

移籍に揺れる18歳GKドンナルンマは残留を希望

伊『sky SPORTS』によると、週末にはフィオレンティーナのパンタレオ・コルヴィーノSDと会談する予定になっていると伝えており、カリニッチ獲得プランも動いている模様だ。ミラン側は2500万ユーロでの獲得を望んでいるようだが、フィオレンティーナ側の要求は3000万ユーロと差がある。ただし同メディアはボーナスなどを含めることでギャップを埋められると捉えており、問題はないとの見方だ。

以前から今夏はアンドレ・シルバとカリニッチのダブル獲りに動くと言われていたが、今夏のミランは想像以上に動き が早い。まだ6月上旬だが、すでにマテオ・ムサッキオ、フランク・ケシエ、リカルド・ロドリゲス、アンドレ・シルバと即戦力を次々と加えている。カリニッチも指揮官ヴィンチェンツォ・モンテッラが非常に高く評価している選手で、獲得に成功すれば今夏のミランはほとんど思い通りに補強を進めることができたと言えるはずだ。

http://www.theworldmagazine.jp/

スポーツナビ サッカー情報