ここから本文です

シリア戦で好感触だった本田のインサイドハーフ継続か 注目のイラク戦に臨む日本代表スタメン発表!

6/13(火) 20:47配信

theWORLD(ザ・ワールド)

最終予選突破へ絶対落とせないイラク戦

13日にイランで行われる2018ロシアワールドカップアジア最終予選のイラク戦に臨む日本代表のスターティングメンバーが発表された。先日の親善試合・シリア戦では香川真司が肩を故障するなどのトラブルがあり、スタメンが一部変更となっている。

凄すぎるFWになった大迫

注目すべきは本田圭佑が先発メンバーに入っていることで、シリア戦の途中からインサイドハーフに入って見せたプレイは非常に印象的だった。香川が抜けたこともあって組み立ての部分に不安を残すため、ボールを散らせる本田はインサイドハーフとして重要な存在となることが予想される。

さらに中盤では、こちらもシリア戦でトラブルを抱えた山口蛍に代わって井手口陽介と遠藤航が入っている。井手口はシリア戦でも途中出場から激しい守備を披露しており、タフな戦いになると予想されるイラク戦でも1つのポイントとなる。前線の3枚はシリア戦から変更がなく、ここは不動の存在となりつつある。久保はシリア戦でコンディション不良からか元気がなかったが、今回の大一番ではヘントで見せているようなゴールに期待したい。

GK
川島永嗣

DF
酒井宏樹
吉田麻也
昌子源
長友佑都

MF
井手口陽介
遠藤航
本田圭佑

FW
久保裕也
原口元気
大迫勇也

http://www.theworldmagazine.jp/