ここから本文です

自民・保岡氏、憲法改正は「国民投票を」

6/13(火) 21:37配信

ホウドウキョク

国民投票を行うことで、「国民が、初めて憲法を自分のものにする機会」になると、その意義を強調した。
自民党の保岡憲法改正推進本部長は、「今度の憲法改正は、国民がこの(日本国)憲法を追認する要素があるのか、この憲法を、国民が初めて自分のものにする機会でもある」と述べた。
自民党の保岡憲法改正推進本部長は、13日午後、講演で、自民党が2020年の施行を目指す憲法改正について、「やる以上は、成功裏に国民投票をやらなければならない」と述べ、挙党体制で取り組む考えをあらためて示した。
そのうえで保岡氏は、衆議院の解散総選挙と憲法改正の国民投票の同時実施は、「合憲だ」との認識を示しつつ、実施するかどうかは「そのときの政治判断だ」と述べた。

最終更新:6/13(火) 21:37
ホウドウキョク

Yahoo!ニュースからのお知らせ