ここから本文です

43試合に先発出場の増子匠が東京Z残留「B1昇格に向け励んでいく」

6/13(火) 18:12配信

バスケットボールキング

 アースフレンズ東京Zは6月13日、増子匠との2017-18シーズンにおける選手契約が基本合意したことを発表した。

 26歳の増子は神奈川大学卒業後、福島ファイヤーボンズ、東京八王子トレインズなどでプレー。今季から所属する東京Zでは43試合の先発を含む55試合に出場し、364得点(1試合平均6.6得点)101アシスト(同1.8アシスト)を記録した。

 増子は東京Zでの2シーズン目に向けて「昨シーズンの悔しい気持ちを今シーズンしっかり活かしてB1昇格に向け励んでいきます」と意気込みを語り、「ファンのみなさま!!今シーズンも素晴らしい応援をよろしくお願いします!!」とコメントした。

 なお、東京Zは13日時点で秋葉真司、高山師門、中村友也、柏倉哲平、村越圭佑と契約合意。小野秀二ヘッドコーチの退任に伴い、斎藤卓アシスタントコーチが新指揮官に就任することを発表している。

BASKETBALL KING