ここから本文です

『デッドプール2』、忽那汐里が出演か

6/13(火) 15:30配信

クランクイン!

 ライアン・レイノルズがタイトルロールを演じる『X‐MEN』スピンオフ『デッドプール』。R指定にも関わらず『X‐MEN』ファミリー最大の大ヒットとなり、続編の制作が早々に決まったが、日本の女優・忽那汐里が“重要な役どころ”で出演するとDeadlineが伝えた。

【関連】『デッドプール』フォトギャラリー


 フィクションの壁をぶち破り、観客や読者に語りかける型破りな異色ヒーロー=デッドプールの活躍を描く『デッドプール』。忽那が演じる役の詳細は伝えられていない。忽那は新キャストとして、デッドプールの相棒としても知られるケーブル役の俳優ジョシュ・ブローリンや、ミュータントの傭兵ドミノ役の女優ザジー・ビーツ、役名不明の俳優ジャック・ケシーなどの中に加わることになる。

 続投組はライアンの他、ヴァネッサ役のモリーナ・バッカリン、コロッサス役のステファン・カピチッチ、ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド役のブリアナ・ヒルデブランドなど。監督は前作のティム・ミラーが降板し、現在第2弾のプロモーションで来日中の俳優キアヌ・リーヴス主演『ジョン・ウィック』(15)で共同監督を務めたデヴィッド・リーチにバトンタッチされた。

 2007年にドラマ『3年B組金八先生』で女優デビューした忽那はオーストラリア生まれのオーストラリア育ちで英語は堪能。既に戦後の日本を舞台にしたオスカー俳優ジャレッド・レト主演『The Outsider(原題)』(公開未定)で、ハリウッド映画出演を果たしている。『デッドプール』第2弾は2018年6月1日より全米公開予定。

最終更新:6/13(火) 15:30
クランクイン!

Yahoo!ニュースからのお知らせ