ここから本文です

新作舞台『メサイア ―悠久乃刻―』、山本一慶、宮城紘大ほか4名が新キャラで登場

6/13(火) 20:00配信

クランクイン!

 過酷な戦いに身を置く男たちの絆を描いた「メサイア」シリーズの新作舞台『メサイア ―悠久乃刻―』の新キャストとあらすじ、キャストビジュアルが解禁となった。

【関連】『メサイア ―悠久乃刻―』キャストビジュアルフォトギャラリー


 『メサイア』は過酷な戦いに身を置く男たちの絆を描いたストーリーが女性たちの心を掴んでいる人気シリーズ。新キャストにはスパイ育成機関“チャーチ”に「サクラ候補生」として突如現れた謎多き青年、雛森千寿役に山本一慶。サクラ候補生たちと敵対する“ボスホート”の一員でサリュート(山田ジェームス武)と行動を共にするスーク役に宮城紘大。今回新たに登場する小星鉄役に西野龍太、東間遠矢役に豊嶋杏輔という舞台初出演の二人が務めることとなった。

 警察省警備局特別公安5係に所属するスパイたちは、その目指すべき死に様から、「サクラ」と呼ばれている。国籍も戸籍も抹消された彼らには、唯一心を通わせることが許された魂の伴侶「メサイア」が与えられる。卒業ミッションを目前に控えたサクラ候補生、有賀涼(井澤勇貴)、加々美いつき(杉江大志)。彼らを非情な運命が襲う。加々美は、サクラとして任務に就くために、敵方によって脳に埋め込まれたチップを取り出すことになる。しかし摘出すれば、99%の確率で、直近の記憶を失うと宣告される。一方、有賀には、かつて所属していた闇の組織、「第三の闇(サード・ニグマ)」が接近。有賀の奪還を計画していることが明らかになる。

 舞台『メサイア ―悠久乃刻―』は東京・天王洲 銀河劇場で8月31日から9月10日まで。大阪・サンケイホールブリーゼで9月22日から24日まで上演。

最終更新:6/13(火) 20:00
クランクイン!