ここから本文です

青木宣親、1死球1盗塁も2打数無安打 チームもダルビッシュの前に1安打

6/13(火) 12:50配信

ベースボールキング

● アストロズ 1 - 6 レンジャーズ ○
<現地時間6月12日 ミニッツメイド・パーク>

 アストロズの青木宣親が12日(日本時間13日)、ダルビッシュ有が先発登板したレンジャーズ戦に「9番・左翼」で先発出場。1死球1盗塁を記録したが、ダルビッシュから初安打を放つことはできず2打数無安打。打線全体でもダルビッシュの前に沈黙した。

 前日のエンゼルス戦で史上7人目となる日米通算2000安打を達成した青木。試合前には改めて偉業を祝すセレモニーが行われ、記念のテンガロンハットを被ったヒットマンは照れ笑いを浮かべた。

 この試合は、メジャー通算5打数無安打のダルビッシュが相手。第1打席は一死一塁の場面で初球を引っ張りにかかったが、ここはカット系のボールを引っかけてしまい二ゴロに倒れた。二塁封殺で青木は一塁に残り、続く1番スプリンガーの打席で今季4盗塁目となる二盗に成功。得点圏へ進み先制機を演出したが、スプリンガーは三ゴロに倒れた。

 5回の第2打席は、1点差に迫りなおも二死一塁の場面。だが、ここでも投ゴロに打ち取られ、これでダルビッシュとの対戦成績は7打数無安打となった。

 1-6で迎えた8回の第3打席は、2番手右腕・ジェフレスと対戦。ここでは内角に食い込んでくる2球目をジャンプして避けたが、これがVTR検証の末、つま先に当たったとみなされ死球で出塁した。だが、アストロズはこの回も無得点。青木は4回からポジションを右翼へ移しフル出場したが、2打数無安打、1死球1盗塁の内容で、打率は.265となった。

 アストロズは打線全体でもダルビッシュに封じられ、7回までわずか1安打で1得点。その後も見せ場を作れず、本拠地で2連敗を喫した。

 対するレンジャーズは、ダルビッシュが7回1失点の快投で6勝目(4敗)。チームはこれで4連勝とし、借金は「1」となった。

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9/21(木) 17:00