ここから本文です

江本氏、久々東京D勝利の巨人に「繋がりがよかった」

6/13(火) 21:35配信

ベースボールキング

○ 巨人 5 - 1 ソフトバンク ●
<1回戦 東京ドーム>

 巨人は投打が噛み合い5-1でソフトバンクに勝利。本拠地・東京ドームでは、5月16日のヤクルト戦以来の勝利となった。

 巨人は0-0で迎えた3回二死走者なしから山本泰寛が二塁打で出塁すると、続く坂本勇人の二塁打で先制。4回は二死二塁から小林誠司のタイムリーで追加点を挙げた。2点リードの7回には一死走者なしから菅野智之、陽岱鋼の連打で一、二塁とすると、山本が二ゴロで走者を進め、坂本、マギーの連続タイムリーなどで3点を挙げた。

 投げてはここ2試合不安定な投球が続いた先発の菅野が、ソフトバンク打線を7回まで無失点に抑える。5点リードの8回に長谷川勇也に一発を浴びたが、9回を3安打1失点の完投で勝利した。

 同日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター 巨人-ソフトバンク戦』で解説を務めた江本孟紀氏は「久しぶりに繋がった野球。(7回の攻撃は)見逃せないポイントのひとつ。1、2番とクリーンナップの繋がりが良かった」と打線を評価。完投したエースについては「2回ノックアウトされるピッチャーは取り返すのが難しいですけど、(菅野は)完全に取り戻しましたね」と話した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

BASEBALL KING

スポーツナビ 野球情報

Yahoo!ニュースからのお知らせ