ここから本文です

サインツに次戦降格ペナルティ。F1カナダGPスタート直後のクラッシュに責任ありとの裁定

6/13(火) 8:15配信

オートスポーツweb

 カナダGP決勝スタート直後のクラッシュに関し、トロロッソのカルロス・サインツJr.に、次戦アゼルバイジャンで3グリッド降格のペナルティが科されることが決まった。

【動画】サインツJr、オープニングラップでマッサを巻き込みクラッシュ/F1カナダGP決勝

 サインツはターン2とターン3の間でロマン・グロージャンに接触、スピンしてフェリペ・マッサをコースから弾き飛ばした。グロージャンはレースを続行できたものの、サインツとマッサはその場でリタイアとなった。

 レース後にこのインシデントの調査を行った結果、スチュワートはサインツに責任があるという結論を出した。

「カーナンバー55のドライバー(サインツ)は、ミラーをチェックしたがカーナンバー8(グロージャン)はブラインドスポットに入っていて見えなかったとと主張している」とスチュワードの声明には記されている。

「しかしながら我々は以下のような結論を下した。この接触はカーナンバー55のドライバーによる故意の行為によって引き起こされたものではなかったが、隣にマシンはいないためにその位置に動けるという(本人が言うところの)思い込みは、不注意であり、危険につながった可能性がある」

「それは、このインシデントの直接の結果として、カーナンバー8とカーナンバー19(マッサ)の接触が起きたことからも明らかだ。これによってカーナンバー19はリタイアすることとなった」  
 
 サインツはアゼルバイジャンGPで3グリッド降格、ライセンスペナルティ2ポイントも科され、過去12カ月の合計が7点となった。

[オートスポーツweb ]