ここから本文です

樹脂窓の販売数、北陸で30%目標 YKK AP北陸支社

6/13(火) 1:05配信

北國新聞社

 YKKAP北陸支社は高断熱を特長とする「樹脂窓」について、今年度の販売目標を全出荷数量の30%に設定した。エネルギー効率に優れたZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の推奨などを追い風に営業を強化し、現状の25%から引き上げる。

 12日、金沢市のANAクラウンプラザホテル金沢で開かれたAPWフォーラム2017で、黒田正支社長が計画を明らかにした。

 フォーラムには北陸の工務店などから約300人が参加した。YKKAP側は木目調の樹脂窓など10商品を展示し、大手住宅メーカーでZEH対応が進む中、工務店もエネルギー効率の高い住宅を建てる必要があると説明した。フォーラムは富山、高岡、福井各市でも順次開かれる。

北國新聞社

最終更新:6/13(火) 1:05
北國新聞社