ここから本文です

現役最年長℃-ute涙の卒業 中沢裕子らねぎらう

6/13(火) 7:53配信

日刊スポーツ

 ℃-uteが12日、さいたまスーパーアリーナで解散コンサートを行った。02年6月のハロー!プロジェクト加入から15年。05年6月の結成から12年。AKB48よりも長いアイドル歴を持つ“現役最年長アイドルグループ”が、惜しまれながら活動にピリオドを打った。

【写真】中沢裕子から花束を受け取る℃-uteのメンバー

 アンコールで、メンバー5人が1人ずつ、涙を流しながらあいさつ。リーダー矢島舞美(25)は「温かい人々に支えられて、幸せな時間を過ごすことができました。おばあちゃんになっても、一生誇れる時間だと思っています。12年間、℃-uteの応援をありがとうございました!」と感謝。唯一、解散後に芸能界引退する萩原舞(21)は「自立して、いつかかっこよくなったなって思ってもらえるように、頑張ります」と宣言。2万人から歓声を浴びた。

 この日は、ハロプロの全グループが前座として出演する異例の演出。ハロプロ全体の初代リーダー中沢裕子(43)や道重さゆみ(27)もサプライズ登場し、花束を渡して祝福した。開演前にはつんく♂(48)からもメンバーごとに5色の花束を渡したという。客席にはももいろクローバーZのメンバーやHKT48指原莉乃(24)AKB48柏木由紀(25)ら、タレントを含む数百人の関係者が訪れた。

最終更新:6/13(火) 9:17
日刊スポーツ