ここから本文です

全米OP優勝予想で松山11番、米ツアー公式サイト

6/13(火) 11:24配信

日刊スポーツ

 男子ゴルフの今季メジャー第2戦、全米オープン(15日開幕、米ウィスコンシン州エリンヒルズ)の米ツアー公式サイトによる優勝候補予想「パワーランク」が12日(日本時間13日)に発表され、世界ランク4位の松山英樹(25=LEXUS)は11番手予想となった。

【写真】松山はファウラー、ラームと/全米OP予選R組合せ

 優勝候補1番手にはメジャー未勝利のリッキー・ファウラー(米国)の名前が挙がっている。

 パワーランクは以下の通り。

 ◆1位:リッキー・ファウラー(米国、9位)

 ◆2位:ダスティン・ジョンソン(米国、1位)

 ◆3位:ジェーソン・デー(オーストラリア、3位)

 ◆4位:ジョン・ラーム(スペイン、10位)

 ◆5位:ロリー・マキロイ(英国、2位)

 ◆6位:アダム・スコット(オーストラリア、12位)

 ◆7位:ジョーダン・スピース(米国、5位)

 ◆8位:シャール・シュワーツェル(南アフリカ、16位)

 ◆9位:ジャスティン・ローズ(英国、11位)

 ◆10位:ジェーソン・ダフナー(米国、27位)

 ◆11位:松山英樹(日本、4位)

 ◆12位:ケビン・キズナー(米国、20位)

 ◆13位:マルティン・カイマー(ドイツ、58位)

 ◆14位:ジャスティン・トーマス(米国、13位)

 ◆15位:ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ、21位)

 ◆16位:セルヒオ・ガルシア(スペイン、7位)

 ◆17位:フランチェスコ・モリナリ(イタリア、17位)

 ◆18位:トマス・ピエテルス(ベルギー、25位)

 ◆19位:アレクサンデル・ノーレン(スウェーデン、8位)

 ◆20位:マット・クーチャー(米国、15位)

 ()内の順位は最新世界ランク

最終更新:6/13(火) 11:36
日刊スポーツ