ここから本文です

ダルビッシュ7回1失点6勝目「冷静に考えられた」

6/13(火) 13:39配信

日刊スポーツ

<アストロズ1-6レンジャーズ>◇12日(日本時間13日)◇ミニッツメイドパーク

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(30)が、7回1安打1失点3四球4奪三振の好投で、5月21日以来、4試合ぶりの白星となる今季6勝目(4敗)を挙げた。

【写真】青木を投ゴロに打ち取るダルビッシュ

 立ち上がりから丁寧な投球を続け、中盤までノーヒッター。

 5回裏2死二塁から、8番ブレグマンに、左前へ詰まった当たりの初安打を許し、1点を失った。

 もっとも、6、7回は無失点。8回表、味方打線がダメ押しの3点を追加し、6-1とリードしたところで交代した。

 ア軍青木との対戦では、二ゴロ、投ゴロに仕留めた。

 球数は103球。

 防御率は、3・03。

 試合後は「調子が良くない中、ちゃんと1人1人に対して、投げちゃいけないボールと投げていいボールを、冷静に考えられた」と振り返った。

 試合は、レ軍が快勝し、4連勝。借金返済まであと「1」とした。

最終更新:6/13(火) 14:04
日刊スポーツ