ここから本文です

巨人小林が適時打 7分リプレー検証も判定変わらず

6/13(火) 20:30配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:巨人5-1ソフトバンク>◇13日◇東京ドーム

 巨人小林誠司捕手(28)が貴重な追加点を挙げた。

【写真】リプレー検証となった長野の生還シーン

 1-0の4回2死二塁で、ソフトバンク東浜のカットボールを中前にはじき返した。二塁走者長野が本塁に足から滑り込み、間一髪でセーフ。約7分間のリプレー検証となったが判定は変わらず、そのまま得点が認められた。

 小林は「意識した通りに、センター方向に打ち返すことができました。長野さんがよく走ってくれたと思います」と振り返った。

最終更新:6/13(火) 21:10
日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/27(火) 14:40

Yahoo!ニュースからのお知らせ