ここから本文です

ソフトバンク長谷川勇也「リプレー検証」で今季1号

6/13(火) 20:36配信

日刊スポーツ

<日本生命セ・パ交流戦:巨人5-1ソフトバンク>◇13日◇東京ドーム

 ソフトバンク長谷川勇也外野手(32)が「リプレー検証弾」を放った。

 この日1軍登録されたばかりの長谷川勇は、7番左翼で先発。5点を追う8回2死、右翼への大飛球はフェンス付近で跳ね返り、グラウンド内に戻った。長谷川勇は二塁でストップしたが、工藤監督が抗議。リプレー検証の結果、スタンドインの後に跳ね返ったとされ、本塁打の判定が下された。

 4回巨人の攻撃では、小林誠の適時打で本塁クロスプレーをめぐり、約7分間のリプレー検証が行われ、判定は変わらず得点が認められていた。

 長谷川勇の今季1号ソロで、ここまで無失点だった巨人菅野の完封を阻止した。

最終更新:6/13(火) 21:11
日刊スポーツ