ここから本文です

「iOS 11」、「iPhone」でもドラッグ&ドロップが可能--開発者が検証

6/13(火) 10:47配信

CNET Japan

 Appleは先週、「iOS」端末ラインアップ向けの「iOS 11」を発表した。

 同社は「iPad」限定のある機能を披露した。それは、リンクやテキスト、写真などのコンテンツをアプリ間でドラッグ&ドロップできる機能だ。これはiPadでかなり前から求められていた機能である。

 それに関して言えば、例えば、1つのアプリから別のアプリに写真をドラッグできる機能は、ほぼ間違いなく「iPhone」にも恩恵をもたらし、「iOS」上で共有シートを使用する手間を省いてくれるはずだ。

 ある開発者により、iPhoneにもドラッグ&ドロップ機能を追加できることが明らかになった。John Gruber氏が運営するブログDaring Fireballの記事によると、Steve Troughton-Smith氏という開発者が、iPhone向けドラッグ&ドロップ機能の開発が相当進んでおり、現行のiOS 11ベータ版の設定ファイルにいくつかの変更を施すだけで有効化できることを発見した。

 一連のツイートを通して、Troughton-Smith氏はiPhoneでドラッグ&ドロップ機能を有効化できることを実証した。iPadの実装と同様、ユーザーはモバイル版「Safari」のブックマークやリーディングリストセクションにリンクをドラッグすることができる。Troughton-Smith氏は、「Photos」アプリ内のアルバム間で写真をドラッグできることも実証した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:6/13(火) 10:47
CNET Japan

Yahoo!ニュースからのお知らせ