ここから本文です

ロシアで大規模反政権デモ 野党指導者ナワリヌイ氏は30日間拘束に

6/13(火) 11:28配信

BBC News

ロシア各地で12日、大規模な反政権デモが行われ多数の参加者が拘束された。野党指導者のアレクセイ・ナワリヌイ氏(41)に対しては、デモ関連法令に繰り返し違反したとして30日間の拘束が言い渡された。

ナワリヌイ氏は、12日の抗議デモが始まる前にモスクワの自宅で拘束された。ナワリヌイ氏はロシア最高指導部の汚職疑惑に抗議するデモへの市民の参加を呼び掛けていた。

モスクワ中心部で行われたデモを取材したBBCのサラ・レインズフォード記者によると、警察は無作為にデモ参加者を取り押さえていたという。

モスクワの裁判所でナワリヌイ氏の弁護士は収監命令の棄却を求めたものの、12日夜に30日間の拘束が言い渡された。ナワリヌイ氏もツイッターでこれを確認した。

来年のロシア大統領選挙に立候補する意向を明らかにしているナワリヌイ氏は、モスクワでの無許可デモに参加する予定だった。

独立系NGO(非政府団体)のOVDインフォは、モスクワのデモで825人が拘束されたと述べた。

インタファクス通信は、モスクワ警察の発表としてデモ参加者が約5000人に上ったと伝えた。

OVDインフォによると、サンクトペテルブルクでも何百人ものデモ参加者が拘束された。

ロシアの内務省は、サンクトペテルブルクのデモに約3500人が参加し、そのうち500人が拘束されたと発表した。

リベラル派の民間テレビ局「ドーシチ」は、サンクトペテルブルクでのデモを生放送し、参加者が警察に拘束される際に「恥を知れ」と叫ぶ様子などを伝えた。拘束者の中にはサンクトペテルブルク市議会のマキシム・レズニク副議長も含まれている。

著名活動家のダニール・ケン氏は、サンクトペテルブルクの自宅を出たところで拘束された。同氏は市内のシャン・ド・マルス広場で開かれたデモへの市民の参加を呼び掛け、「私のために足を運んでください!」とツイッターで訴えた。ケン氏はその後、釈放されている。

ロシアではこのほか、ウラジオストック、ブラゴべシチェンスク、カザンの各都市でデモ参加者が警察によって拘束された。

ナワリヌイ氏は当初、モスクワのザハーロワ街でデモを行う許可を当局から得ていたが、前日の夜に、許可を得ないままクレムリン近くのトベルスカヤ通りに場所を変更した。

デモには、政府が旧ソ連時代にモスクワ市内に建設した共同住宅を取り壊す計画に抗議する人々も参加した。

ロシア全土の169カ所でデモが許可された。一部のデモはYouTubeのチャンネル「ナワリヌイ・ライブ」で生中継された。

デモは1990年の国家主権の宣言を記念する祝日の「ロシアの日」と重なった。祝日に合わせ祭りやコンサート、軍関連のイベントがロシア全土で開かれた。

今回のデモは2012年以来の規模となった。ドミトリー・メドベージェフ首相の汚職疑惑を指摘したナワリヌイ氏の報告書を受け、10代の若者を含む数千人がロシア全土で開かれたデモに参加した。

(英語記事 Russia protests: Opposition leader Alexei Navalny sentenced)

(c) BBC News

最終更新:6/13(火) 11:28
BBC News