ここから本文です

米ヤフー事業の買収完了=ベライゾン、ネット強化へ

6/14(水) 0:35配信

時事通信

 【ニューヨーク時事】米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは13日、米インターネットサービス大手ヤフーの中核事業の買収が完了したと発表した。

 買収額は約44億8000万ドル(約4930億円)。主力の携帯電話事業が頭打ちとなる中、ネット関連事業の強化を図る。

 ベライゾンは、傘下のネットサービス大手AOLと、買収した検索サービス事業などを統合し、新会社「オース」を設立した。

 一方、ヤフーは社名を「アルタバ」に変更。投資会社として、保有する日本のヤフージャパンと中国の阿里巴巴(アリババ)集団の株式を管理する。 

最終更新:6/14(水) 0:40
時事通信