ここから本文です

[経営戦略]ケンコーコムと爽快ドラッグが合併、「Rakuten Direct」に

6/14(水) 10:53配信

BCN

[経営戦略]ケンコーコムと爽快ドラッグが合併、「Rakuten Direct」に

7月1日付で合併、「Rakuten Direct」になる

 楽天は、100%出資する子会社のケンコーコムと爽快ドラッグの2社を7月1日付で合併し、新会社「Rakuten Direct」を設立する。

 Rakuten Directは、現ケンコーコムと同じ福岡県福岡市に本社を置き、社長には、爽快ドラッグの現社長の小森紀昭氏が就任する。なお、合併は、ケンコーコムを存続会社とする吸収合併方式で、爽快ドラッグは消滅する。

 ケンコーコムと爽快ドラッグは、ともに生活用品や日用品を取り扱うEC事業を展開しており、楽天が運営するインターネットショッピングモール「楽天市場」にも出店している。楽天は、「楽天市場」での顧客サービスの向上を目指し、合併を決めた。事業形態が極めて近い両社を組織的に一体化することで、物流インフラや情報システムの効率化、販売商品の拡充を図る。

最終更新:6/14(水) 10:53
BCN