ここから本文です

西野カナ ゲーム曲初挑戦「立ち向かう勇気持っていただけたら」

6/14(水) 5:00配信

デイリースポーツ

 歌手・西野カナ(28)の新曲「Girls」(7月26日発売)が、人気ゲームシリーズの最新作「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」(7月20日発売。ニンテンドー3DSなどに対応)のテーマ曲に起用されたことが13日、分かった。ドラマやCMの楽曲は数多く担当してきたが、ゲームとのコラボは初めて。

 トレードマークのロングヘアを、新曲に合わせて30センチもバッサリとカットし、“切りっぱなしボブ”にイメージチェンジ。デビュー10年目にして最も短いヘアスタイルで、ゲーム業界という新境地に臨んだ。

 謎解きアドベンチャーゲーム「レイトン」シリーズは過去7作で、全世界で累計出荷1600万本突破の大ヒットとなっている。今作は主人公がレイトン教授から、娘のカトリーへとバトンタッチ。シリーズ初のヒロインが誕生したこともあり、“女子のカリスマ”西野に白羽の矢が立った。

 ゲームのシナリオを読んで、作詞を手掛けた西野は「常に諦めずにナゾを解明していく主人公のカトリーのように、はかなくも強く頑張っている女性をイメージした」と説明。「心が折れそうな時や負けそうな時に、この曲を聴いて少しでも立ち向かう勇気を持っていただけたらうれしい」と“女の子の応援歌”に込めた思いを言葉にした。

 8、9月には自身初のドーム公演を控える西野。大会場を埋める“ガールズ”へ、ミディアムバラードに仕上がった新曲を届けることになりそうだ。

 「レイトン」シリーズは人気芸能人との強力タッグでも知られ、今作の声優陣は、カトリーを有村架純(24)、“助手犬”シャーロを役所広司(61)が担当し、ほかにも黒木メイサ(29)、坂口健太郎(25)が名を連ねる。過去には大泉洋(44)、元女優の堀北真希さん(28)らが主要キャラの声を務めた。テーマソングは、シリーズ第5作で松任谷由実(63)が、2009年公開のアニメ映画版で水樹奈々(37)が、それぞれ歌った。