ここから本文です

小出恵介「淫行問題」国会へ 上西議員が「検証する必要ある」

6/14(水) 11:01配信

東スポWeb

 ドラマや映画などで人気の俳優・小出恵介(33)の淫行問題が政界に波及する可能性が出てきた。声を上げたのは、衆院法務委員会のメンバーで、性犯罪被害の改善を訴え続けている“浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34)。一連の騒動は女性側の“ハニートラップ説”も浮上するなどきなくさくなっているが、上西氏は「性犯罪厳罰化が進むなか、ことの経緯を検証する必要がある」と、国会で取り上げることを宣言した。“上西砲”が火を噴くか――。

【写真】Dカップの胸の谷間がまぶしい上西氏(自叙伝「小百合」から)

「(フライデーの)記事は読みました。大変興味深い問題だと考えます。法務委員会で取り上げることも考えています」

 そう宣言したのは“政界の炎上クイーン”上西氏だ。ただ、今回は炎上や売名を狙ったわけではない。

 上西氏は所属する法務委員会で、性犯罪の厳罰化や被害者のケアなどを熱心に訴えてきた。今月8日には刑法改正案が衆院を通過。強姦罪や準強姦罪、強制わいせつ罪などを立件するのに被害者の告訴が必要になる「親告罪」規定は削除され、法定刑下限は懲役3年から5年に引き上げられたが、上西氏は「審議時間は合計でわずか7時間ほど。個別のケースの議論は不十分に思いました」と語る。

 そんななか、発生したのが小出の未成年飲酒&淫行騒動。写真週刊誌「フライデー」が報じたもので、小出は17歳女性Aさんの飲酒を容認し、ホテルで不適切な関係を持った。

 報道内容を認め、事態を重く受け止めた小出の所属する大手芸能事務所「アミューズ」は無期限活動停止処分を下した。出演予定だったドラマやCMは次々と放送中止や降板に追い込まれ、損害は5億円以上に上るとも言われる。

 一方で、小出がAさん側から慰謝料500万円を要求されていたことが明らかになると、ネット上では「ハニートラップ」を疑う声が続出。

 Aさんはインスタグラムで「私はフライデーに掲載してほしくて事実をお話ししたわけでもありませんし金銭目的でもありません」と否定し、彼女の母親は娘が心労で入院したことを報告している。

 これについて上西氏は「未成年者の飲酒、淫行は理由はどうあれ、そばにいた大人に100%の責任があります」と断言。

 続けて「フライデーを読む限り、小出さんがいろいろと強要したのではないか?という印象を持ちましたが、金銭のやりとりが発生していたとなると、美人局の可能性も出てくる。大阪府青少年健全育成条例や刑法改正案に照らし合わせた場合、小出さんのケースはどうなのか? 検証する必要はあると思います。委員会で質疑に立つことがあれば、小出さんの件を取り上げる用意はあります」と宣言した。

 2日の国会審議では、週刊誌報道で火がついた元TBSワシントン支局長のジャーナリスト・山口敬之氏(51)のレイプ疑惑が取り上げられた。被害者の詩織さん(28)は先月末に顔出し会見を行い「私の意思に反して性行為が行われた」と主張。逮捕秒読みだった山口氏の捜査が直前で打ち切られたことに疑問を投げかけた。

 これを受けて、民進党の井出庸生衆院議員は国会で「特別な捜査本部態勢が敷かれていたのか?」と追及。その模様はニュース番組でも流れ、大きな関心を呼んだ。

「山口氏の疑惑しかり、小出さんの問題しかり、政治家が話題のニュースを取り上げるのは常とう手段。裏を返せば、すでに小出さんの件は単なる芸能スキャンダルではないということです」(政界関係者)

 一日も早い収束を願う小出だが、事態は拡大の一途をたどっている。

最終更新:6/14(水) 17:26
東スポWeb