ここから本文です

ジルーのアーセナル退団が加速...ウェスト・ハム、28億円のオファーを準備

6/14(水) 9:10配信

GOAL

ウェスト・ハムが、アーセナルのFWオリヴィエ・ジルーに強い関心を持っていることが分かった。

ジルーは2016-17シーズン、プレミアリーグで12ゴールをマークしたものの、フル出場は4試合のみ。さらにアーセン・ヴェンゲル監督が、今夏の移籍市場でワールドクラスのストライカー獲得を目論んでいるとされており、フランス代表ストライカーの退団のうわさに拍車がかかっている。

一方、ウェスト・ハムはジルー獲得のために2000万ポンド(約28億円)の移籍金と週給10万ポンド(約1400万円)の4年契約を用意。クラブはすでにジルーの代理人と会談を行ったようであり、ロンドンでの生活を続けたい同選手はローン移籍ではなく、完全移籍でのウェスト・ハム入団に前向きとされている。

スラベン・ビリッチ監督率いるウェスト・ハムは、今夏すでにマンチェスター・シティを退団したパブロ・サバレタを獲得。前線の補強を目指すクロアチア人指揮官は、チェルシーのミヒー・バチュアイとマンチェスター・シティのケレチ・イヘアナチョへの興味も強めている。

また多くのメディアは、ハマーズがジョー・ハートの獲得に興味を持っていると報じていたが、週給17.5万ポンド(約2500万円)を要求するイングランド代表GKの獲得よりも、前線の補強を優先したい考えを持っているようだ。

GOAL

最終更新:6/14(水) 9:10
GOAL