ここから本文です

カシミア・キャット、一夜かぎりとなる単独来日公演が11月に

6/14(水) 22:10配信

bmr.jp

カシミア・キャット、一夜かぎりとなる単独来日公演が11月に

カシミア・キャット、一夜かぎりとなる単独来日公演が11月に

カニエ・ウェスト、ザ・ウィークエンド、アリアナ・グランデらのプロデュースを務めたことで知られ、今年4月にザ・ウィークエンドやアリアナ・グランデら豪華アーティストが集結したデビュー・アルバム『9』をリリースしたカシミア・キャットが、今年11月に来日公演を行うことが発表された。

ノルウェー出身、元々はDJファイナルと名乗り、世界一のDJを決める大会〈DMC World DJ Champions〉でファイナリストになるなどDJとして頭角を現した彼は、さまざまなアーティストのリミックスを発表して注目を集め、2012年にEP『Mirror Maru』でデビュー。2013年に活動拠点をアメリカに移したのをきっかけに活躍の幅を広げ、翌年にはノルウェー出身で世界的に成功した先輩であるスターゲイトと共に手がけたキッド・インク“Body Language”、ティナーシェ“All Hands On Deck”がスマッシュヒットを記録したほか、アリアナ・グランデ『My Everything』にも参加した。

2016年にはカニエ・ウェストの話題作『The Life Of Pablo』への参加が明らかになり、“Wolves”などの制作に関わったほか、トーリー・レインズの“LUV”は全米チャート最高19位のヒットとなり、翌年のグラミー賞候補にも。また、エイサップ・ファーグ、トラヴィス・スコットからフランシス・アンド・ザ・ライツ、ブリトニー・スピアーズと幅広く手がけるようになり、ザ・ウィークエンドの最新作『Starboy』にも4曲で関わっている。

プロデューサーとして名を上げていく一方で、2015年には、ジョニー・ギルの名曲“My, My, My”のメロディをアリアナ・グランデが歌う“Adore”を発表するなどアーティストとしても活動を続け、途中で音源流出のトラブルはあったものの、今年4月に待望のデビュー・アルバム『9』をついに発売。人気プロデューサーなだけに、ザ・ウィークエンド、アリアナ・グランデ、トーリー・レインズ、フランシス・アンド・ザ・ライツらを筆頭に、ケラーニ、ジェネイ・アイコ、タイ・ダラー・サインから、元フィフス・ハーモニーのカミーラ・カベロ、セレーナ・ゴメスなど豪華な顔ぶれが参加し、話題になったばかり。

このデビュー・アルバム『9』を引っさげ、この注目の29歳が来日する。カシミア・キャットは11月16日(木)、渋谷のduo MUSIC EXCHANGEにて来日公演を開催。昨年は〈SUMMER SONIC〉でも来日したが、単独公演としては2015年12月の来日公演からおよそ2年ぶり。彼のDJプレイを間近で味わえる、一夜かぎりの貴重な公演となる。

「カシミア・キャット来日公演」
日時:2017年11月16日(木)OPEN 18:00 / START 19:00
会場:渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
価格:オールスタンディング¥6,500-(税込/1Drink別)
チケット発売日:7月1日(土)10:00am~

最終更新:6/14(水) 22:10
bmr.jp