ここから本文です

長陽大橋・国道57号崩落現場の進捗は・・?

6/14(水) 23:19配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震のあと通れなくなっている南阿蘇村の国道57号線や長陽大橋の工事が公開されました。視察には蒲島知事や周辺の町長や村長が参加しました。
南阿蘇村では熊本地震で阿蘇大橋が完全に崩れ落ちた一方で長陽大橋は崩落こそしなかったものの村道との繋ぎ目がひどく壊れました。この部分の修復が進められ長陽大橋は今年夏の復旧を目指しています。
長陽大橋が復旧すると俵山バイパスに続き熊本都市圏と南阿蘇との行き来が改善され、また、村の中心部へ行くため大きく迂回している立野の住民とっても時間が短縮されます。
「阿蘇大橋の復旧が2020年度までかかるのでその代替道路としても長陽大橋はとても重要」(蒲島知事)
「この道が通るようになれば、立野地区にもすぐに来れるし立野病院も再開すると聞いているので村にとっては本当に朗報」(南阿蘇村吉良清一村長)
また、国道57号線についても斜面の中腹の様子が初めて公開されました。二次被害を防ぐため無人の重機で進めていた作業は今年1月に有人へ変わりました。
それでも一帯の国道57号線がいつ通れるようになるのか見通しはたっていません。

RKK熊本放送

最終更新:6/14(水) 23:24
RKK熊本放送