ここから本文です

大迫勇也のイラク戦先制弾をドイツ紙が報道「日本に貴重な1ポイントをもたらした」

6/14(水) 11:06配信

GOAL

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也のイラク戦での活躍をドイツ紙『エクスプレス』が伝えている。

2018 FIFAワールドカップ ロシア・アジア最終予選で日本代表はイラク代表と対戦し、1-1で引き分けた。大迫は8分にコーナーキックからヘディングで合わせ、チームに貴重な先制点をもたらしている。

『エクスプレス』は「大迫が日本に貴重な1ポイントをもたらした」と銘打ち、記事を展開。大迫がサムライブルー唯一の得点を挙げたことに触れ、“今シーズン”のラストをゴールという最高の形で締めくくったことを伝えた。

また、「大迫はようやくバケーションを許される」とも記し、所属チームと日本代表で重要な役割を担うストライカーが長いシーズンを終えたことにも言及した。

GOAL

最終更新:6/14(水) 11:06
GOAL