ここから本文です

ピコ太郎、アニメ業界に進出!“即興”おとぎ話の世界で爆笑ギャグ連発

6/14(水) 6:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] シンガーソングライターのピコ太郎が、テレビアニメ「ピコ太郎のララバイラーラバイ」でアニメ業界に進出することがわかった。本作は、企画・原案・音楽を務めるお笑い芸人の古坂大魔王のもと、ピコ太郎が“台本なし”で物語づくりに挑戦する異色のスタイル。「森の安藤」「ダッピィズ」で知られるアニメクリエイター・谷口崇がメガホンをとり、「秘密結社 鷹の爪」シリーズのDLEが制作を担当する。

【フォトギャラリー】「ピコ太郎のララバイラーラバイ」ビジュアル

 「ピコ太郎のララバイラーラバイ」は、谷口監督が描いた1枚のイラストからインスピレーションを得たピコ太郎が、収録時に即興で3分間のおとぎ話をつくり上げるという前代未聞の手法で制作される。「マッチ売りの少女」「赤ずきん」など、世界中で愛され続けるおとぎ話の主人公のもとにピコ太郎が訪れるというオリジナルストーリーが展開。おとぎ話の主人公をはじめとする全ての登場人物をピコ太郎がひとりで演じている。

 ピコ太郎のプロデュース初期から「ピコ太郎をアニメにしたい」「でも、通常のアニメではピコ太郎らしくない…更に、長くてもそう」と考えていた古坂大魔王は「その時に谷口さんとのコラボの話があって昔話の世界にピコ太郎を迷い込ませようと思って!」と製作の経緯を明かした。そして「今回も革命だ! とか、凄いものを! とか全く思ってなくて…クダラナイモノにできた気がします」と語っている。

 一方、ピコ太郎は「古坂さんが、突然色んな事を言い出してくれるので、それに乗ってやらせてもらってるんですピコ」とユニークな収録を述懐。声優初挑戦となったことについては「声優は、スーパーの方は行ったことがあるのですが、初めての体験で、あまりの緊張から胸毛が2本生えましたぴ」とギャグを交えたコメントを寄せている。

 今回の製作発表にあわせて、谷口監督が描き下ろしたキービジュアルもお披露目。目を見開いて寝ているピコ太郎をとらえたシュールな仕上がりで、鼻から浮き出す鼻ちょうちんの中には、シンデレラやマッチ売りの少女など、おとぎ話の主人公たちの姿が確認できる。「ピコ太郎のララバイラーラバイ」は、今夏にテレビ放送されるほか、dTVなどでの配信を予定。

最終更新:6/14(水) 6:00
映画.com