ここから本文です

<サッカーW杯予選>日本けが人続出 後半27分痛恨の失点

6/14(水) 1:07配信

毎日新聞

 △日本1-1イラク△(13日、W杯ロシア大会アジア最終予選B組)

 けが人が続出しても耐え続けた日本は後半27分に痛恨の失点を喫した。右膝を痛めた酒井宏が右サイドのマークに行けなくなると、簡単にゴール前へボールを運ばれた。

 「クリアするかしないかはっきりするのが大事だった」と川島が言うように、吉田との間にできたスペースを詰められ、こぼれ球を押し込まれた。「うまく試合に入れたのに、非常にもったいなかった」と吉田も痛恨の面持ちだった。

最終更新:6/14(水) 6:36
毎日新聞