ここから本文です

割烹着姿の渋谷系!?佐渡ヶ島の謎の主婦ユニット“婦人倶楽部”に音楽ファンが大注目

6/14(水) 10:36配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

佐渡ヶ島在住の主婦ユニット“婦人倶楽部”が、本日6月14日にニューシングル「旅とフェリー」をリリース。あわせてミュージックビデオも公開された。

【詳細】「旅とフェリー」MVはこちら

ロングヒットを続けているアルバム『フジンカラー』から約1年ぶりのリリースとなる今作は、旅をテーマにした飛び切りお洒落なサマーチューン。旅に出かけたくなるような、ワクワク感、爽快感溢れる、初夏にピッタリな婦人サウンドに仕上がっている。

クリエイティブは前作に引き続き、佐渡にゆかりがあるふたりが担当。プロデュースは数々のCM音楽を手がける音楽家・ムッシュレモン、写真・アートワークは人気写真家の川島小鳥が手掛けている。

「旅とフェリー」のタイトルどおり、ミュージックビデオは佐渡ヶ島の顔と言える“佐渡汽船フェリー”が舞台。本作は佐渡汽船フェリーのテーマソングにも決定しているという。

なお、佐渡汽船では、「旅とフェリー」発売に先がけ“フェリー内先行オンエアを敢行。船内アナウンスが入り、曲を紹介してオンエアする姿が話題となっている。

ミュージックビデオの撮影には、佐渡汽船が全面協力。佐渡へのフェリーの旅が疑似体験できる楽しい作品となった。初夏のフェリーの旅をテーマに、淡いブルーと抜けるような青空が広がる美しい映像が印象的。カモメが追走する姿や、甲板で謎のダンスを披露する婦人たちのコケテッシュな魅力が楽しい。

全編にわたり、他の地都市とはどこか違う、どこかノンビリとした空気感。船旅が持つ独特のノスタルジーが感じられ、今までフェリーに乗ったことがない人にもその魅力が伝わってくる。

本作は、佐渡汽船船長の推薦盤に認定。発売に当たり佐渡汽船フェリー“ときわ丸船長”小林 智氏は、「異国ではないけれど、日常と少し違う違和感が混在する佐渡ヶ島。どことなくノスタルジックで不思議な旅へご案内します。島在住のPOPグループ“婦人倶楽部”が唄う『旅とフェリー』。夏らしい爽快な曲調で、どこか懐かしさも感じさせてくれます。佐渡汽船フェリーの旅のお供にお聴きいただけると幸いです」とコメントを寄せている。

前作ミュージックビデオ「たらい舟に乗って」では、たらい舟に乗って新潟まで到着できなかった婦人。本作ではフェリーに乗って旅に出かける姿が可愛らしい。

梅雨を迎えるこの時期、婦人倶楽部の爽快なサウンドで来る夏の日を心待ちにしたい。今年も、婦人倶楽部の活動から目が離せない。

リリース情報
2017.06.14 ON SALE
SINGLE「旅とフェリー」

婦人倶楽部 OFFICIAL WEBSITE
http://fujinclub.jp