ここから本文です

DDS、「国際モダンホスピタルショウ」に出展

6/14(水) 16:19配信

BCN

 ディー・ディー・エス(DDS、三吉野健滋社長)は6月14日、7月12~14日に開催される「国際モダンホスピタルショウ」に、多要素認証統合プラットフォーム「EVE MA」、二要素認証ソリューション「EVE FA」、FIDOをベースとした認証基盤「マガタマプラットフォーム」を出展すると発表した。

 国際モダンホスピタルショウでDDSが出展するEVE MAとEVE FAは、医療機関への導入実績も豊富で、ブース内では指紋、顔、静脈、ICカードとパスワードの任意な組み合わせによる認証基盤の精度・スピードを体感できる。また、医療分野でも利用が拡大しているモバイルデバイス向けには、医療システムへのログインに生体認証を利用できる「マガタマプラットフォーム」を紹介する。

 なお、今回の出展では、地域医療連携システムを提供するファーストブレス、地域医療介護連携システムを提供するエイルと共同で紹介を行う。各社と連携することで、ガイドラインへの対応をはじめとするセキュリティ対策をより包括的にサポートし、顧客に最適なソリューションを提案する。また、「医療現場に必要なセキュリティ対策-改正個人情報保護法とガイドラインに照らして-」と題したセミナーも行う。

最終更新:6/14(水) 16:19
BCN