ここから本文です

EU離脱の撤回拒まず=英首相と会談―仏大統領

6/14(水) 6:00配信

時事通信

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は13日、メイ英首相とパリの大統領府で会談し、英国の欧州連合(EU)離脱交渉が終了するまでは、仮に英国が方針を転換してEUに存続する道を選んでも拒否しない考えを伝えた。

 
 マクロン氏は会談後の記者会見で「交渉終了までは(離脱撤回を受け入れる)扉は開かれている。離脱手続きが始まれば、後戻りはもっと難しくなる」と述べた。メイ首相は「EU離脱の民意が国民投票で示された以上、政府はそれを成功に導く」と語り、離脱交渉を来週から始めたいとの意向を重ねて強調した。 

最終更新:6/14(水) 6:05
時事通信