ここから本文です

D51でホタル鑑賞、SL夜汽車で月夜野へ 予約好調 /群馬

6/14(水) 8:05配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 JR高崎駅を夕方立ち、「月夜野ホタルの里」(上毛高原駅付近)でホタルを鑑賞する臨時列車「SL YOGISHA みなかみ」(7月8日)の予約が好調だ。(高崎前橋経済新聞)

【写真】月夜野ホタルの里の源平合戦

 月夜野ホタルの里は1983(昭和58)年に発足した「月夜野ホタルを守る会」が保護活動を行っている。1965(昭和40)年頃に減少したホタルを復活させたホタルの名所の一つ。

 平年はゲンジボタルが6月中旬~7月上旬、ヘイケボタルが6月下旬~7月下旬に見ごろを迎えるが、今年はゲンジボタルが遅れているため、臨時列車「SL YOGISHA みなかみ」が運行される7月8日にはヘイケとゲンジの両方が見られる可能性がある。

 往路は高崎発16時50分、後閑駅からバスで上毛高原駅へ向かう。運賃は大人840円、指定席券520円、バス230円。復路は水上駅発20時41分、高崎駅着22時38分。

 席は往復で424席。6月8日に発売し、13日現在の残りは往路40席、復路70席。

みんなの経済新聞ネットワーク