ここから本文です

渡辺直美を「インスタの女王」に スタイリスト大瀧彩乃氏に聞いた“秘策”

6/14(水) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 お笑い芸人の枠を超え、「インスタの女王」として絶大な人気を誇る、渡辺直美(29)。ぽっちゃりなのにおしゃれ、ちょっと笑える写真が特徴で、フォロワーはなんと670万人。そんな渡辺が「今の私があるのは彼女のおかげ」と語るのがスタイリストの大瀧彩乃氏だ。先月「ぽっちゃり女子のファッションbook」(主婦と生活社)を上梓した大瀧氏に渡辺直美をファッショニスタにした秘策を聞いた。

■露出ばかりでは下品になるのでメリハリを

「(渡辺)直美さんとは『笑っていいとも!』で柳原可奈子さんの衣装を担当していたのを見て、お仕事をいただいたのがきっかけです。スタイリングの基本として、私はご本人の好きな音楽や雑誌、服、趣味などをヒアリングしています。ご自身の世界観に合うものを探し、より本人らしさを印象付けるようにしています。

 直美さんを担当し始めた頃は今に比べて大きなサイズの洋服が少なく、試行錯誤で“森ガール”“ストリート系”スタイルが主でした。ただ大きいサイズばかりでなく、渋谷や原宿などの普通サイズのお店で伸びる素材の服などを選んで流行を取り入れたりしました」

 そんな渡辺は14年にNYに短期留学し「ファッション観」が大きく変わった。以来、スタイリングコンセプトに“セクシー″というキーワードも加わった。

「特に胸がきれいに見えるお洋服が好みに加わりました。とはいえ、露出ばかりでは下品になるので、胸を見せるときは脚は見せないなど、メリハリをつけるようにしています。直美さんの凄いところは、何を着たら魅力的に見えるかを的確にとらえていること。彼女にしか着こなせない作りこみ衣装のインパクト、写真へのこだわりがインスタの人気を支えていると思います。例えば、このインスタの写真は『ピカチュウに埋もれたい』というご本人のリクエストに応えて、ドレスに50個以上のぬいぐるみを縫い付けてもらったんですよ」

 最後にぽっちゃりサラリーマンの読者へおすすめのスタイリングを聞いた。

「男性のぽっちゃりさんには、ラフなジャージー素材のセットアップがおすすめです。パンツのウエストがゴムや紐のデザインのものが増えてきているので、楽チンなのにキチンとして見えます」

Yahoo!ニュースからのお知らせ