ここから本文です

大島造船所と三菱重が提携

6/15(木) 8:15配信

SankeiBiz

 三菱重工業は14日、商船事業に関して大島造船所(長崎県西海市)と提携することで基本合意したと発表した。三菱重工の開発力と、大島造船所が持つ低コストでの生産技術を組み合わせて、国際競争力を強化して台頭する中韓勢に対抗するのが狙い。今後は新技術の開発や設計の共通化を進めるほか、生産拠点の相互活用も検討する。

 三菱重工は、今治造船(愛媛県今治市)、名村造船所とも今年3月に同様の提携で基本合意している。他社との提携によって、業績の悪化した商船事業の立て直しを図る。

 三菱重工は商船事業の分社化を検討中で、2018年度をめどに結論を出す方針だ。今月12日の事業戦略説明会では、慢性的な赤字が続いていた商船事業について、18年3月期に黒字化する見通しを示している。

 同社は昨年8月、3社と提携に向けた協議を始めたと発表していた。

最終更新:6/15(木) 8:15
SankeiBiz