ここから本文です

75歳で懸垂1日1000回!? 恐るべし筋力の秘密に迫る ☆沖縄deストリートワークアウト☆

6/14(水) 9:30配信

琉球新報

初めまして、ストリートワークアウト(SW)にハマリ中のAYUMI(小学校教師)です。

あ、SWって分かりますか?
ビーチや公園に設置された鉄棒や平行棒、遊具を使って、おしゃべりしながら(!)できる筋力トレーニングなんです♪

ところで、みなさんは『鉄棒』と聞いて、どんなイメージをうけますか? 
私の第一印象は・・・ め っ ち ゃ 地 味 ~ っ!(笑) 

小学校の頃、逆上がりが全然できなくて、できる技といえば
『ぶたのまるやき』『ちきゅうまわり』『コウモリ』この3つだけ (笑) 

わざわざ大人になってまで、鉄棒なんてしようとも思いませんでした

それがSWに出会って、変わったんです!

SWを通して体幹が鍛えられ、私の大好きなSUPにヨガ、乗馬にボルダリング、TRXにslack line、全てのスポーツのスキルがUPしはじめました!

そんな私のイチ押しSWの魅力を、いろんな角度から紹介していきたいと思います

もはやレジェンド☆
スーパーオジーが那覇に現る!!

記念すべき第1回目は…

75歳で毎日懸垂1000回!? のスーパーオジーをご紹介します。

みなさん、懸垂って日頃やりますか?(笑)

日頃からワークアウトをしている人でない限り、わざわざ鉄棒なんて触らないと思います。

ましてや懸垂なんて、ますます地味っ!(笑) 
そんな、地味~な動作を1日たりとも欠かすことなく、毎日1000回もこなす方が
那覇市の新都心公園にいるらしいよ!?との情報が!(=゜ω゜)ノ 

『 な ん の た め (°∀°) !? 』
 それだけが頭の中をぐるぐる~ 
しかも、おじいちゃん (°∀°)!! 
ますます不思議でたまらない~っ! 

情報をくれたストリートワークアウトジャパン(SWJ)の仲宗根雄三代表と一緒に、
浦崎さんという方を探しに、おもろまちの公園に行きました。
 

え~!!本当に、おじいちゃん!(笑)

『さささ、そろそろやろうかな。』と、浦崎さん。
日課の1000回懸垂が淡々と始まったではありませんか(笑) 

黙々と、そして、大した事はないよ、と言わんばかりにかの様に、どんどんと回数を重ねる浦崎さん。

たまたま公園に遊びに来ていた中学生の男の子たち達までも、ざわざわしはじめた。(笑)
せっかくだから一緒に浦崎さんの話を聞くことに。

「75歳vs28歳vs14歳3人」の筋肉対談

「75歳のイメージってどんな感じ?」


AYUMI


近所の八百屋さんに、お散歩しながら行くって感じかなぁ…。後は、病院通い? 


虎空
(とあ)
(中学生1)


そうそうそう、病院。(笑)


龍生
(りゅうき)
(中学生2)


俺のひいおじいちゃんが、80歳くらい。1日に1000回とか、やばっ!(笑) 


AYUMI


本当に毎日1000回やっているんですか? 


浦崎さん


(両腕を見せながら)肘が伸びないんだけどね、疲れないよ。 


龍生


やっば!ターミネーター!(笑) 


浦崎さん


10回やって休憩、10回やって休憩、1000回やるのに2時間もかからないよ。


AYUMI


10×100セットを2時間ですか!?

「懸垂をはじめたきっかけは?」


AYUMI


虎空や龍生はムエタイ、私はヨガやジムに通っているんですけど、浦崎さんは何で鉄棒を選ばれたんですか?


浦崎さん


わたしね、元々マッスルアップ※が好きだったの。だけど肘を痛めてしまって、できなくなった。

それで懸垂に変えたってわけ。

会社やめてから、毎日暇していた。勤めている時は仕事オンリーだったから、時間ができたわけよ。60からやりだして、マッスルアップで450回。それが一昨年のこと。頑張れたんですよ、不思議にね。

最初はね、連続で何回できるか挑戦してみたわけ。普通は10回とか、その程度で諦めるでしょ。そしたら17回です。だから、6回を1セットとして、何セット出来るか挑戦しようと思って。

そしたら4月11日、160セットになってる。計、1600回やってる!(笑)

※マッスルアップとは…懸垂のように鉄棒にぶら下がった状態から体を一気に上げ、バーの上まで腰を持ってくる動きです。

懸垂は、もはや日常生活の一部


浦崎さん


天候が悪いと懸垂はしないけど、ここは毎日通るよ。散歩して、買い物して、自宅に帰ってご飯をつくるよ。君たちが毎日学校に行くのと同じさぁ。

最初は60で始めたから、75くらいまではいけるかなぁと思っていたわけ。

だけど、調子いいからマッスルアップなら80まではいけそう。懸垂だと90まではいけるでしょうね。


龍生


マッスルアップ、3回でもキツイよな! 


直叶
(なおと)
(中学生3)


オレ、1回できるかも分からんもん!(笑) 


虎空


目標の桁がすごいよな!(笑) 

継続は力なり!を実感


浦崎さん


人様に教えられることは、そんなにないよ。個人差があるからね。

自分ができることを、自分ができるだけ頑張ればいい。

そしてね、何事も継続ですよ。努力、精進、コツコツとね。 


虎空・龍生
直叶


そりゃあ1000回だもんね!(笑) 


AYUMI


浦崎さんが言うと、説得力あるよね!(笑) 


浦崎さん


精進というのは、レベルアップの精進ではなくて、継続という意味でね。

だから、体力相応にですよ。みんな若いから、何だってできる!遊びももちろん、お勉強もね。(笑) 

まずはぶら下がるだけ!それだけで良いよ。
どれだけの秒数ぶら下がれるかやってごらん。
それから上がるなら、少しずつ懸垂の回数を増やしていく。
それだけね。腕が伸びないのなら、低い鉄棒で足を着けてでもいい。

公園の魅力は?


浦崎さん


懸垂をやり始めた頃に、公園で出会った外人さんがね、「こうすると良いよ」って教えてくれたんです。そんなところも公園の良いところだよ。活力が出る。こうしてね、みんなとおしゃべりができるでしょう。嬉しいね。

お家にいないでね、公園に来てしゃべる!みんなに見てもらえるでしょう。そうするとね、やる気が出るよね!

モチベーションが上がる。元気が出るよ!若さの秘訣だね。

たまにね、遠足に来た小学生が、「おじいちゃん、すごーい!」と言って拍手してくれるのよ。嬉しいね~(笑) 

浦崎さんのお話を聞いていたら、何だか私たちまでできそうな気がしてきた(笑)
懸垂では到底勝ち目がないので、ぶら下がり対決をすることに♪ 

結果は、分かってはいましたが、
75歳の勝利でした!!♪(笑)

私の父も浦崎さんと同世代。 
お天気の良い日に、父を連れて公園に行ってみようかな♪

みなさんも、日々の慌ただしい生活の中に”心の余裕”を作りませんか。
公園での鉄棒が、そのきっかけとなりますように。 

シリーズ2回目は、【親子で Street Workout】です! お楽しみに♪
 

ストリートワークアウトをより詳しく知りたい方は、SWJのサイトをご覧ください。

https://www.swj.okinawa


【ストリートワークアウトジャパン(SWJ)】プロフィール

 2017年6月、世界ストリートワークアウト連盟(WSWCF)の日本支部として、沖縄県沖縄市に設立。代表は、日本のストリートワークアウトの先駆者である仲宗根雄三(沖縄市出身)。

 コミュニケーションをとりながら遊び感覚で身体を鍛えるストリートワークアウトの全国規模での普及に努めると同時に、国際大会でも活躍できる人材の育成強化も進める。

 現在、SWJの理念に賛同し地域のストリートワークアウト活動に取り組んでいるコミュニテイチーム(SW沖縄・SW東京・SW横浜・関西SW・福岡バースターズ)が、SWJに加盟している。また、2017年11月4日に、WSWCF公式として日本で初めて開催される「ストリートワークアウト日本大会2017in沖縄」(会場:東南植物楽園)に向けて、加盟チーム、サポート会員(企業・個人)とともに、ドキドキ、ワクワクしながら全力で頑張っている。

 

ストリートワークアウトジャパン(SWJ)HP
 https://www.swj.okinawa/

 Facebook
  https://www.facebook.com/streetworkoutjapan

代表ブログ
「雄三やいびん」
http://streetworkoutjapanswj.ti-da.net

YouTubeストリートワークアウトチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCOAlnrY6mGVpARGRBz4L_DQ
 



― ライター プロフィール ―

 AYUMI 松茂良あゆみ(まつもらあゆみ) 1988年、沖縄生まれ、沖縄育ち。クラスの子ども達に囲まれ、毎日楽しい小学校の先生、7年目。

気になったら、即行動!!!常に楽しいことをしていたい!SUP、ヨガ、ボルダリング、slackline、TRX、もちろんストリートワークアウト!
自分が好きなことを友人とシェアして、人と人を繋げることが1番の生きがい♪

SWJ事務局メンバー。またSWJの加盟チームであるSWO(ストリートワークアウト沖縄)のアラハビーチでの交流会でSWを楽しむ。SWOは沖縄市・若夏公園、北谷町・アラハビーチ、那覇市・新都心公園を、拠点に交流会を行っている。

ストリートワークアウト沖縄(SWO)
https://www.facebook.com/streetworkoutokinawa/

琉球新報社

最終更新:6/14(水) 9:30
琉球新報