ここから本文です

フォントマニアのための「MONDAINE ヘルベチカ」ウオッチ

6/14(水) 16:30配信

アスキー

スイス時計のモンディーンはフォントにこだわったデザインを取り入れたウオッチ「MONDAINE ヘルベチカ」を発売する。

 スイスウオッチのMONDAINE(モンディーン)は新コレクションとしてヘルベチカフォントをデザインに取り入れた「MONDAINE ヘルベチカ」を発表。6月以降の発売予定となる。
 
 アウディやボッシュ、フォルクスワーゲンなどのロゴデザインで知られるエリック・シュピーカーマン(Erik Spiekermann)氏によるデザイン。シュピーカーマン氏は建築家、タイプデザイナーでもあり、とくに書体「FF Meta」と「ITC Officina」はモダンクラシックとして広く認知されている。
 
 MONDAINE ヘルベチカはフォントをデザインに取り入れており、ケースとバンドを繋ぐラグ部分にはヘルベチカフォントの「1」が、盤面のセンターラインからオフセットされた位置にシリーズ名(Helvetica)が配されているが、その上のブランドロゴ(MONDAINE)はドイツ独特の書体「フーツラ」が採用されるなど、各所にフォントにこだわったデザインとなっている。また、MONDAINEのシンボルカラーの赤をインデックスの12時位置と秒針に取り入れているのもアクセントとして際立っている。
 
 スイス製クォーツムーブメントを採用し、ケースサイズは38mmで3気圧防水。レザーストラップまたはミナレーゼメッシュブレスレットを採用する。価格はレザーストラップの「MH1.L2212.LG」が5万4000円、メッシュブレスレットの「MH1.L2212.SM」が5万9400円。
 
 
文● 行正和義 編集●ASCII

最終更新:6/16(金) 20:47
アスキー