ここから本文です

『映画ドラえもん』最新作は大海原で大冒険!川村元気が脚本

6/14(水) 12:53配信

cinemacafe.net

映画第1作目が公開された1980年から38作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズの最新作が2018年3月、『映画ドラえもん のび太の宝島』と題して公開されることが決定。脚本を、昨年大ヒットを記録した『君の名は。』の映画プロデュースをはじめ小説家としても活躍する川村元気が務めることが分かった。

【写真】脚本を担当する川村元気

2017年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』はシリーズ37作目にして、現声優陣で制作された2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』から現在までの『映画ドラえもん』新シリーズの中で最高興行収入の記録を更新中。『映画ドラえもん』シリーズの人気は、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち立てている。

この度、38作目のタイトルが『映画ドラえもん のび太の宝島』に決定。同時に解禁されたイメージビジュアルでは、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的。また海賊船も見えるなかでドラえもん、のび太、しずか、ジャイアン、スネ夫が満面の笑顔で訪れる冒険を待ち侘びているようだ。大海原を駆け巡るドラえもんたちに訪れる大冒険は一体…ストーリーも気になるところだ。

本作を手がけるのは、TVアニメ「ドラえもん」の演出を数多く手がけ、今作で初の映画シリーズの監督を務める今井一暁。そして脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』など映画プロデューサーのみならず、「世界から猫が消えたなら」「四月になれば彼女は」など小説家としても活躍している川村元気が担当。

川村さんは「一番尊敬する作家は誰ですか? そう問われたときに必ず、藤子・F・不二雄先生ですと答えていました」と明かし「大人も子どもも楽しめる物語のなかに、簡潔に科学や哲学が盛り込まれていて、笑ったり泣いたりしているうちに、心の中に深く刻まれている。そんな『すこしふしぎ』な世界にずっと憧れていました」と、“F先生の世界”を指標にしていたという。

そして今回のオファーにあたり、新しくも王道のドラえもんを届けたいと思い、モチーフを「宝島」にしたそうで、「ずっと読み継がれ、語り継がれてきた冒険物語をドラえもんの世界で描く。そして太平洋に誕生した「新しい島」のニュースがそれに結びついたときに、ひとつの物語が浮かびました」「鮮烈かつ王道の物語を詰め込んだつもりです」と、期待高まるコメントを寄せた。

『映画ドラえもん のび太の宝島』は、2018年3月全国東宝系にて公開。

最終更新:6/14(水) 12:53
cinemacafe.net