ここから本文です

【函館SS】燃えろ夏女!ブランボヌール 北の大地で3戦3勝 今年も大暴れだ

6/14(水) 6:03配信

デイリースポーツ

 「函館SS・G3」(18日、函館)

 北の大地で大暴れだ。新馬戦、函館2歳S、昨年のキーンランドCと、北海道シリーズでは3戦3勝の成績を残しているブランボヌール。今年初戦こそ大敗したものの、ここに向けてきっちりと調整されてきた。G1馬を筆頭に強敵が集ったが、得意の舞台で金星をつかむ構えだ。

 函館の新馬戦を勝ち上がり、勢いに乗って函館2歳SをV。昨年は札幌のキーンランドSを快勝した。北海道シリーズは3戦3勝のブランボヌールが、今年も北の大地で存在感を見せつける。

 今年初戦のシルクロードSは最下位13着。見せ場がなく、陣営も納得のいかない負け方だった。一から立て直しを図るため、鳥取県の大山ヒルズにリフレッシュ放牧。ここを始動レースと定めてじっくりと乗り込み、栗東から函館入りした。中竹師は「大山で十分に乗ってもらったからね。いいリフレッシュになったと思う。長距離輸送は何回も経験している馬。落ち着いたものだね」と満足顔だ。

 一般的にブランボヌールは洋芝適性が高いと思われているが、師は少し違う見方をする。「もちろん洋芝は合うのでしょうけど、それ以上に時季的なものでしょう。夏場に調子を上げるタイプだと思う」と話す。加えて滞在競馬が合っているのだろう。

 くしくも今回、函館2歳S優勝馬が他に2頭出走してくる。2歳年上のクリスマス、1歳年下のレヴァンテライオンだ。まさにローカル重賞ならではのコース巧者の競演。3頭の比較では、重賞2勝のボヌールが実力最上位と見ていい。ほかにもG1馬セイウンコウセイなど強敵はそろったが、得意の舞台でひと泡吹かせるか。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ