ここから本文です

アジアのビール品評会 淡路米仕込みピルスナーが銅賞 兵庫

6/14(水) 7:55配信

産経新聞

 淡路島で唯一のクラフトビール「あわぢびーる」(淡路市浦)の1つ「淡路米仕込みピルスナー」が、東京で開催されたアジアのビールの品評会「アジア・ビアカップ2017」のフリースタイル部門で銅賞に輝いた。初出品での受賞で担当者は「うれしい出来事で自信にもつながる」と喜んでいる。

 「あわぢびーる」は平成10年から販売開始されたクラフトビールで、熱処理していないため生きた酵母の味を楽しめるのが特徴。「淡路米仕込みピルスナー」は淡路島産の「キヌヒカリ」をブレンドし、米の甘みと香りを引き立たせたビールで、25年には創意工夫が施された県内の特産品をアピールする統一ブランド「五つ星ひょうご」にも選定された。

 3日に開催された品評会では、中国やシンガポールなどアジア10カ国・地域から372種類のビールが出品され、13の各カテゴリーで金銀銅賞が発表された。このうち「淡路米仕込み」は、穏やかな苦みや米独特の甘みや香りなどが評価されたという。担当者は「島内唯一のビール工房としてうれしい限り。これからも自信を持って販売したい」と意気込んでいる。

 受賞したものと同種類のビールは淡路市岩屋大林の「淡路ハイウェイオアシス」や島内の土産物店などで販売している。問い合わせは、ユーアールエー(電)0799・74・3257。

最終更新:6/14(水) 7:55
産経新聞