ここから本文です

北朝鮮がサイバー攻撃関与=「今後も継続」と警鐘―米

6/14(水) 7:00配信

時事通信

 【ワシントン時事】米政府は13日、世界的にサイバー攻撃を行っているハッカー集団に北朝鮮が関与しているとの見方を示し、「今後も国家の軍事、戦略的目標を達成するために攻撃を継続するとみられる」と警鐘を鳴らした。

 
 米国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)は、ハッカー集団を「ヒドゥン・コブラ」(隠れたコブラ)と命名。2009年からメディアや航空宇宙産業、インフラ産業、金融機関を標的としてサイバー攻撃を繰り返してきたと指摘した。

 特に米マイクロソフト社の古い基本ソフト(OS)を使った端末を狙い、大規模な情報流出や通信障害を引き起こしたという。 

最終更新:6/14(水) 8:32
時事通信