ここから本文です

<東京五輪>文房具の公式グッズ販売…ボールペンやノート

6/14(水) 10:17配信

毎日新聞

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は16日からボールペンやノートなど文房具の公式ライセンス商品を公式ホームページなどで販売する。これまでは日本の伝統技法を使った風呂敷やトートバッグなど日本らしさを表現した高級感のある商品が好評だったが、今回は身近で手ごろな商品として文房具に的を絞った。

 文房具はボールペンとシャープペン(それぞれ税別650円)、B5判ノート(同450円)、下敷き(同350円)、ペンケース(同1100円)など5点。これまでのライセンス商品同様、デザイナーの野老(ところ)朝雄さんによる大会エンブレム「組市松紋(くみいちまつもん)」があしらわれている。

 組織委は昨年6月以降、計162点の商品を販売。ライセンス商品は原則売り上げの5%が組織委の収入となり、12年ロンドン五輪を参考に使用料収入の目標を約140億円に設定している。【田原和宏】

最終更新:6/14(水) 10:57
毎日新聞