ここから本文です

ブラジル、豪州を4発一蹴 D・ソウザが電光石火の12秒弾/国際親善試合

6/14(水) 11:11配信

ISM

 現地時間13日(以下現地時間)にブラジルとオーストラリアによる国際親善試合がメルボルンで行なわれ、ブラジルが4対0と快勝した。

 9日に行なわれたアルゼンチンとの国際親善試合で、チッチ監督体制初黒星を喫したブラジル。その試合から先発8名を入れ替えたこの日は、開始早々に相手のパスミスからチャンスを得ると、わずか12秒でジエゴ・ソウザが先制点を挙げる。

 その後はなかなか追加点が奪えなかったが、62分にチアゴ・シウヴァのヘッドで2点差に。その後途中出場のウィリアンが攻撃のエネルギーをもたらすと、75分にパス交換からタイソンが代表初ゴールを記録。さらに、終了間際にウィリアンのCKからD・ソウザが自身2点目を決めた。

 2017年コンフェデレーションズカップを前に大敗を喫したオーストラリアだが、ケーヒルはこの経験が糧になると主張。サッカルーズの歴代最多得点者は、「僕らは今夜何かを学び、そのことを頭に入れて(初戦の)ドイツ戦に臨む。良い精神状態でコンフェデレーションズカップに臨むつもりだし、初戦を楽しみにしているよ」と述べた。(STATS-AP)

最終更新:6/14(水) 11:11
ISM