ここから本文です

〔東京外為〕ドル、110円台前半=FOMC待ちでこう着(14日午後3時)

6/14(水) 15:30配信

時事通信

 14日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、FOMC結果やイエレンFRB議長の会見を待つムードが強く、1ドル=110円台前半でこう着している。午後3時現在は、110円03~03銭と前日(午後5時、110円23~23銭)比20銭のドル安・円高。
 東京市場の早朝は、110円00~10銭で小動き。午前は株価が上げ幅を縮小した場面で109円90銭台に軟化した。午後は手掛かりを欠き、110円00~10銭のごく狭いレンジで推移している。
 ドル円は、FOMCを控えて模様眺めとなっている。市場では「重要イベントを前にあえて動く必要はない」(外為仲介業者)との見方が支配的。海外時間に、米国の消費者物価指数や小売売上高が発表されるが、「基本的にはFOMCの結果待ちで、ドル円の反応は限定的」(FX会社)とみられている。
 ユーロも対円、対ドルともに動意薄。午後3時現在、1ユーロ=123円42~43銭(前日午後5時、123円65~65銭)、対ドルでは1.1217~1217ドル(1.1217~1217ドル)。

最終更新:6/14(水) 17:27
時事通信