ここから本文です

「危機招く朝鮮半島の真実」 呉善花氏を招き第45回講演会 群馬「正論」懇話会 7月10日 聴講者募集

6/14(水) 7:55配信

産経新聞

 群馬「正論」懇話会は7月10日、評論家で日本研究者の呉善花(オ・ソンファ)・拓殖大学教授を招き、第45回講演会を開催、一般の聴講希望者も募集します。奮ってご参加ください。

 呉善花氏は韓国・済州島出身。昭和58年に来日し、大東文化大、東京外語大修士課程修了。韓国で反日教育を受けながら日本文化に触れるうちに知日派に転じ63年、日本に帰化しました。その後、日本で働く韓国人ホステスを題材にした「スカートの風」がベストセラーとなるなど、注目され、「攘夷の韓国 開国の日本」(山本七平賞)「『反日韓国』に未来はない」「韓国人から見た北朝鮮 独裁国家のルーツ」など著書は50冊に及びます。

 日韓の複眼的視点から説かれる論評は示唆に富んでいますが、一方で母国には「反韓的」とにらまれ、平成19年に入国一時拒否、25年には完全拒否という不当な扱いも受けています。

 演題は「危機招く朝鮮半島の真実」。暴走を止めない北朝鮮、左派政権誕生で混迷を深める韓国。日本の危機が常に朝鮮半島から来た歴史をふまえ、半島の現状と日本の採るべき道を提示していただく予定です。

 【テーマ】「危機招く朝鮮半島の真実  日本はどう対応すべきか」

 【日時】7月10日(月)午後1時半開演

 【会場】前橋商工会議所会館2階「サクラ」(前橋市日吉町1の8の1)

 聴講は無料。希望の方は次の要領でお申し込みを。

 【申し込み方法】往復はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記し、〒371ー0023 前橋市本町1の14の6 産経新聞前橋支局「正論」係宛てにお送りください。複数で聴講を希望される方は同伴者の名前も明記を。先着順に整理券をお送りします

 【締め切り】7月3日消印有効

 【問い合わせ】産経新聞前橋支局(電)027・221・4455

最終更新:6/14(水) 7:55
産経新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ