ここから本文です

ラグビーW杯前哨戦で対戦 アイルランドの恐るべき底力

6/14(水) 12:13配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 前哨戦で苦戦必至だ。

 19年ラグビーW杯で日本と同組のアイルランド代表が13日、日本とのテストマッチ2試合(17、24日)を前に会見。チームを代表して取材に応じたリッチー・マーフィー・コーチ(キッキング、スキルズ担当)は日本の印象について「(10日のルーマニア戦は)非常に素早く、キックも素晴らしかった。ポジショニングもいいので、対策を講じないといけない」と日本のスピーディーな展開を警戒した。

 アイルランドは今回米国、日本と続く遠征に若手主体で臨んでいる。主力11人が現在、英国、アイルランド、スコットランド、ウェールズ計4協会の連合チーム「ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズ」の豪州、ニュージーランド遠征に参加しているためだ。

 世界を代表する実力派が揃うアイルランドの主力が不在とはいえ、今回は侮れない。

「(今回のメンバーは)19年W杯で戦えない選手を選んだわけではない」とマーフィー・コーチが自信たっぷりに話す通り、将来の同国代表を担う逸材が少なくないからだ。

 中でも司令塔的な役割を担うSHキーラン・マーミオン(25)は昨年3月のイングランド戦と11月のニュージーランド戦に出場。両国の連勝記録を18で止める原動力になった。

 日本はテストマッチ2試合でアイルランドの若手に翻弄されそうだ。