ここから本文です

愛用下着は幼児用 体重43キロ片岡鶴太郎の“修行僧”ライフ

6/14(水) 15:02配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 シロウト目にはやや病的な感じがするが、本人いわく「マックスで65キロあった体重もいまは43キロ。風邪もひかず、すこぶる健康体」だと言う。

 お笑いタレントで歌手で俳優で画家で、おまけにプロボクサー。マルチな才能を持つ片岡鶴太郎(62)だが、新たに「ヨーギー(ヨガをする人)」の肩書が加わった。しかもお遊びのレベルではなく、すこぶる本格派で、今年5月にはインド政府公認の「プロフェッショナルヨガ検定インストラクター」に合格。日本のヨガ人口770万人ともいわれる中で、国内では26人(うち日本人19人、インド人7人)の合格者しかいないチョー難関をヨガ歴5年でクリアしたというから凄い。

 13日にインド大使館で行われた会見では、日頃から愛用している3~5歳児用のキッズパンツ一丁の姿で高難度の技「ナウリ」を披露。腹部をマッサージ器のように自由自在に波打たせ、内臓を浄化させるその様子に会場からは感嘆のため息が漏れていた。

 それだけじゃない。囲み取材で明かされたストイックな生活はまるで修行僧。起床すると瞑想を含むヨガを4時間行った後、2時間かけて食事をし、最後にシャワーを浴びるなど身支度を整え、もろもろ外出するまで7時間を要するという。

「朝5時に家を出るには夜の10時に起きる。7時間前に起きないと遅刻しちゃう」と笑いを誘ったが、この5年、一日も欠かさずこのルーティンを行っている。酒も飲まず、食事も1日1回。

 ヨガを始めたのは「瞑想をしたかった」からというが、鶴ちゃんの最終目的地は教祖サマ!?