ここから本文です

阪急阪神HD株主総会 角会長「人事交流少し進めなければ」

6/14(水) 7:00配信

サンケイスポーツ

 阪神タイガースの親会社、阪急阪神ホールディングス(HD)の株主総会が13日、大阪市内で開催され、のべ4148人の株主が集まった。

 質疑応答では男性株主がV逸の場合は「フロントの大改革をお願いしたい」と嘆願。阪急阪神が経営統合されているからこそ、1970年代に黄金時代を築いた阪急ブレーブスのノウハウを生かすことを提案。「オール阪急阪神で強いタイガースにして」と訴えた。

 議長を務めた角和夫会長(68)は「トップは一人でないとうまくいかない。(坂井)オーナーに対し、わたしが中途半端な知識でモノを言うことはすべきではない」と回答した。

 「例えば鉄道で課長をやっています。(その人が)タイガースにいってマネジメントできるかというと、かなり厳しいものがある。結果的に現場が混乱したり、みなさんが戸惑うことがある」

 一方で「(人事交流は)若いうちからしないとダメ。今までは別々だったが、来春からは総合職が(HDで)一括採用になる」と明かした。経営統合から10年が経過しており、グループ一体での運営を強化する狙い。「(一括採用をきっかけに)阪急阪神の人事交流を少し進めなければいけない。タイガースを違った目でみることもいいかもしれない。私もタイガースのことも勉強しないといけないかなと思いますが、知識不足かなと思います」とも話した。

 また別の男性株主からは阪神電鉄の急行系車両に使用されているオレンジ色が巨人を連想させると苦言。阪神電鉄側は「現状の色のままでいきたい」などと返答した。

スポーツナビ 野球情報