ここから本文です

色鮮やか、梅雨期の花々 ハスの大輪見頃 沼津

6/14(水) 9:36配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 沼津市井出の蓮興寺(関戸慈誠住職)でハスの花が咲き始め、ピンクや白色の大輪が来場者を楽しませている。ことしは奥州藤原氏の4代目藤原泰衡の首おけから発見された種で栽培したとされる「中尊寺ハス」など貴重な品種も並ぶ。

 同寺は30年前、境内の広場でハスを育て始めた。数を年々増やし、ことしは405鉢250品種をそろえた。中尊寺ハスのほかに、鑑真が日本に伝えたとされる「唐招提寺ハス」なども加わった。

 6月下旬が見頃。関戸住職は「ことしは珍しい種類がたくさんある。早朝はハスがきれいに見えるので特におすすめ」と話している。

 「蓮興寺観蓮会運営委員会」は7月8日午前8時からハスの花とギター演奏を楽しむ「観蓮会」を開く。問い合わせは同寺<電055(966)2049>へ。

静岡新聞社